しっかりと口臭ケアを行おう

口臭の原因となる細菌とその防止策

歯周病を患っている人

多くの人が気になっている口臭は、粘膜のカスや唾液、さらに食べ物に含まれるタンパク質が口内の細菌により分解され、発酵したことが原因です。
口臭の原因になるガスは、メチルメルカプタンやジメチルサルファイド、硫化水素などが挙げられます。
さらに舌苔や歯周病を発症していることも、口臭の原因になることがあります。
口臭から病気になっていると気づくケースも見られるので、あまりにも臭いがひどかったり改善できなかったりする時は、歯医者に相談しましょう。

では、どうすれば口臭を軽減させられるのでしょうか。
そのためには、唾液をたくさん分泌することが重要です。
食べ物をよく噛んだり、マッサージをしたりして唾液の分泌を促すことができます。
たくさん唾液が分泌されると口内を殺菌できるので、口臭だけでなく虫歯などの予防にも効果的です。
またストレスが溜まると、唾液の分泌が少なくなってしまいます。
ですからなるべくストレスを溜めないよう、意識して生活を送りましょう。

舌苔が気になる人は、胃腸の働きが弱っていると考えられます。
ですから胃腸に負担を与える暴飲暴食は控えて、乳酸菌や海藻類をたくさん摂取しましょう。
さらにニンニクやアルコールなど、臭いがきつい食べ物を避けることも口臭予防に繋がります。
特に口臭が気になる時は、ポリフェノールが含まれるお茶を摂取するのが良い方法です。
ポリフェノールには口内を殺菌する効果あり、臭いの原因物質を除去してくれます。

原因と対策を調べよう

食べ物が分解され、発酵した時に生じる臭いが口臭に繋がります。 口内ではいろんなガスが発生しますが、どれも不快な臭いだと覚えておきましょう。 さらに口臭の原因は、歯周病である可能性も高いです。 ずっと口臭がひどくて治らない時は、歯医者に行って相談しましょう。

よく噛んで食べること

口内で唾液を分泌させると浄化作用で細菌をなくし、口臭を改善できます。 口臭がひどい人は唾液の分泌量が少なく、口内な乾燥している傾向が見られます。 これからは意識して、唾液の分泌を促しましょう。 そのためには食べ物をよく噛むことや、ストレスを溜めないことが大切です。

内臓機能を活発化させよう

胃腸など、内臓の機能が低下している時に口臭が悪化しやすいです。 ですから急に口臭がひどくなってきた時は、内臓に負担を与えているサインだと思ってください。 食べすぎを控えたり、消化の良いものを食べたりしましょう。 さらに臭いが強い食べ物を、頻繁に摂取することも避けてください。