>

原因と対策を調べよう

口内でガスが発生している

気になる口臭は、主に粘膜が剥がれ落ちた際に発生するカスや唾液と、タンパク質が発酵した時に発生するガスです。
ガスの種類は複数あり、腐ったタマネギのような臭いがするものをメチルメルカプタンと呼びます。
キャベツが腐ったような臭いのガスをジメチルサルファイドと言い、卵が腐ったような臭いのガスを硫化水素と言います。

この中でもメチルメルカプタンは最も一般的な口臭だと言われ、口臭がどのくらいひどいのか測定する際の指標に使われることが多いです。
どれも食べ物が腐ったような臭いなので、不快だとわかりますね。
ただ口臭は努力次第で改善できるので、現在このような臭いを発している人も諦めないでください。
口臭を改善し、爽やかな口内を入手しましょう。

歯周病などの病気

舌をよく見ると、白い汚れが付着していることに気づくと思います。
それを舌苔と呼び、多少なら健康な人でも付着していますし、そこまで口臭の原因になりません。
しかし口内が乾燥している時や免疫力が低下している時などは、舌苔がたくさん付着してしまいます。
その時に口臭が悪化するので、定期的に自分の舌をチェックしましょう。

また、意外と多い口臭の原因は歯周病です。
歯周病を発症すると、口内にプラークが溜まります。
これも舌苔と同じようにたくさんの細菌とタンパク質が集まってできたもので、さらにタンパク質が細菌の力で分解され、不快な臭いを発するという仕組みです。
ずっと不快な口臭が続いている時は、歯周病を疑ってすぐ歯医者に行きましょう。


この記事をシェアする