>

よく噛んで食べること

食事の際の注意点

顎を動かすことで、唾液が分泌されます。
唾液は口内を殺菌し、細菌を除去するために欠かせない成分なので、食事の際はしっかり噛んで食べることを心がけましょう。
最低でも30回は噛んでから飲み込むと、唾液の分泌を促せます。
またよく食べ物を噛み、細かくしてから胃に送り込むことで消化しやすくなり、内臓機能の働きを向上させられる面もメリットです。

いつも数分で食事が終わってしまう人は、食べ物を噛まないで飲み込んでいる可能性が高いです。
これから、1口30回は噛むことを習慣にしましょう。
慣れないうちは、30回噛むまで箸を置くのが良い方法です。
そのような食事を毎日続けることで、次第に意識しなくてもたくさん噛めるようになります。

ストレス解消方法を見つけよう

なかなか唾液が分泌されないのは、ストレスが原因かもしれません。
そのように精神的な負担から口臭に繋がるケースも見られるので、なるべくストレスを溜めないような生活を送ってください。
しかし完全にストレスを切り離して、生活を送るのは難しいと思います。
ですから、定期的にストレスを解消できる趣味や好きなことを見つけるのがおすすめです。

適度に身体を動かすことや読書など、何でも良いので取り組みましょう。
さら十分な睡眠を確保することもストレスを解消し、唾液の分泌を促すことに繋がります。
夜更かしが続いている人は、早く寝ることを心がけてください。
さらに質の良い睡眠にするために、寝る前のスマートフォンの操作は控えましょう。


この記事をシェアする