>

内臓機能を活発化させよう

お腹に優しい食べ物

急激に口臭がひどくなっている時は、身体が発している不調のサインかもしれません。
特に内臓機能に負担が掛かっている時は、口臭がひどくなりやすいです。
不調のサインに早く気づいて、内臓機能を休ませましょう。
そのためには、まず暴飲暴食を控えなければいけません。
毎日お腹いっぱいになるまで食べていると、常に内臓が働くので疲れてしまいます。

ですから時々は腹八分目を意識したり、おかゆやうどんなど消化の良いものをメインに食べたりしましょう。
さらに乳酸菌や海藻類など、胃腸の調子を整える効果を持つ食べ物を摂取するのもおすすめです。
ヨーグルトやキムチなどの発酵食品に乳酸菌が豊富に含まれるので、できるだけ毎日摂取してください。

ポリフェノールの効果

ニンニクやアルコールは、臭いが強烈だと言われています。
それらを毎日摂取すると歯を磨いても口内に臭いが残り、口臭がひどくなると忘れないでください。
なかなか口臭が改善されない時は、それらの食べ物の摂取を控えましょう。
また水分補給をしたい時は、お茶を選んでください。

ポリフェノールという成分が含まれるお茶だと、口内を殺菌する効果を生み出せます。
口臭の原因となる細菌も排除してくれるので、口臭予防に効果的でしょう。
日本茶やウーロン茶など、様々なお茶にポリフェノールが含まれています。
定期的にお茶の種類を変えることで、飽きずに続けられるでしょう。
そのためどうしてもニンニク料理を食べたい時は、お茶をお供にするのが良い方法です。


この記事をシェアする